小学生の学習と深谷圭助

小学生の学習と深谷圭助

すばる舎から出版された、深谷圭助著の「7歳から『辞書』を引いて頭をきたえる」で有名になった「辞書引き学習法」ですが、この、「辞書引き学習法」とはどんな学習法なのかご存知でしょうか?
元々、辞書の使い方や辞書を使用する学習法の指導は、小学校3年生〜4年生位から始めるのが普通とされていたのですが、この本が発売され、話題になった事から、1年生の文字を教えるタイミングと同時期に辞書の使い方を教える学校が増えて行きました。
それに伴い、塾や家庭学習にも「辞書引き学習法」が取り入れられる事が多くなり、今では全国各地で広まってきている学習法です。
「辞書引き学習法」とは、辞書で調べた言葉を付箋紙に書き込み辞書に挟むという独特の学習法が特徴的ですが、主に国語辞典と漢字辞典を活用します。
漢字辞典を活用する場合は、漢字を習い始める時期に合わせ漢字辞典を与え、漢字の部首に注目して漢字を調べたり、系統ごとに覚えるやり方を習得させ、自分の力で勉強する姿勢や漢字の読み書きが出来る為の力をつけさせます。
国語辞典を活用する場合は、かな文字を習い始めるのと同時期に国語辞典を与え、自身の生活上に登場する事柄や物、日常生活での疑問などを調べさせる事で、自ら学ぶ姿勢やその為の方法を習得させていくのです。
このように今までの普通の学習法とはかなり違いのある学習法ですが、自主的に勉強に取り組む子どもにさせたい場合にはとても有効な学習法ではないでしょうか。