小学生の勉強のやる気を出させるには?

小学生の勉強のやる気を出させるには?

小学生の頃に、勉強に対して意欲があったかというと、正直、あまり無かったように思います。
子供にとっては、勉強よりも遊びの方がずっと楽しいものです。
それなのに、親が勉強しなさいなんていつも言っていてはかえってやる気が無くなってしまうかもしれません。
だからといって、勉強しなさいと言わないと、いつまで経ってもやらないしなんて悩んでいる親御さんも多いことでしょう。
では、小学生くらいの子供のやる気を引き出すためには、どんなことをしていけばいいのでしょうか?
まず、やってはいけないことは、

 

・勉強を強制する
・ご褒美で釣る
・成績が良くないとけなす

 

などです。
もちろん、強制しないと全く勉強しないなんてこともあるでしょう。
褒めたって、ちっともやる気を出さない子もいると思います。
大人でも社会に出て、叱られながら伸びていく人もいますし、褒められることでいい気になりすぎて努力を怠ってしまう人もいますから、子供にだってその子の個性があります。
まずは、自分の子供の性格を良く見極めることが必要です。
小学生くらいの子供であれば、遊び感覚で親が一緒に勉強することが効果的かもしれませんし、友達と一緒に塾に通うことがその子の向学心を芽生えさせるきっかけになることもあるでしょう。
できれば低学年のうちに、その子に合った勉強のやり方をみつけて、早くから毎日勉強する習慣をつけてあげられるといいですね。