小学生が運動会のかけっこで一番になるには?

小学生が運動会のかけっこで一番になるには?

親にとっては、かけっこなんて、たかが運動会の一競技。
別に大したことではないかもしれません。
しかし、子どもにとっては、夜も眠れないほどの悩みになったりもするのです。
かけっこは、大抵の場合、タイム順に数名ずつのグループを作って競技します。
足がそんなに遅くなくても、ビリになることがあるのはそのためです。
小学生くらいの子どもの足の早さは、練習によって簡単にアップすることができます。
それに、単に完走するまでの体力が足りないだけのケースも多いのです。
10メートルしか全力で走れない子と、100メートルずっと全力で走り切る体力がある子では、タイムに差が出るのは当然ですよね。
もちろん、スタートをスムーズにする練習や腕をきちんと振る練習、太ももをしっかりと上げる練習なども大切です。
ですが、それをかけっこで活かせるかどうかは、やはり体力があるかどうかにかかってきます。
運動会までに、遊びの中に上手に体力づくりを取り入れていけば、自然とタイムは伸びるはずですよ。
ただし、無理矢理練習させたり、できないことを怒ったりはしないでくださいね。
少しでもできることが増えたら徹底的に褒める。
できなければ自信を持てるように励ます。
これは子育ての基本でもあります。
子どもの能力は、自信によってかなり左右されます。

自信を持たせるためには、褒める以外にもイメージトレーニングを取り入れるといいかもしれません。
毎日、寝る直前に、一番にゴールする自分の姿をイメージさせるようにするのです。
面倒でも続ければ、きっと効果があるはずですよ。