文房具はどんなのが必要?

文房具はどんなのが必要?

小学生が使う文房具は、何が必要なのでしょうか。
鉛筆、赤鉛筆、消しゴム、定規とそれらを入れる筆箱、そして色鉛筆にクレヨン、のり、はさみ、下敷きなどで充分だと思います。
鉛筆は、2BかBを指定してくる学校が多いです。
最初のうちは、筆圧が弱いので、濃い鉛筆を使います。
筆箱は、缶やチャック式のでは無く、磁石でパタッと閉まるタイプの筆箱を選ぶ家庭が多いですね。
そして、色鉛筆ですが、これは学校によってはクーピーを指定してくる場合もあります。
色鉛筆とクーピー両方を揃える、という学校もあります。
色も12色か14色か違いますので、学校の説明を良く聞きます。
のりもスティックタイプなのか、液状のりなのか指定がある場合もあります。
ノート類も指定されますので、注意が必要です。
これらの文房具類ですが、キャラクターで全部揃えると、子供は大喜びしますよね。
けれども、学年が上がってくるにつれて、キャラクター物は飽きてくる可能性もあります。
筆箱は、2年位使うと、意外に壊れてきますので、買い換える確率も高いです。
なので、筆箱に関してはキャラクター物でも良いとは思います。
他の物は、無地などのキャラクターでは無い物を揃えると、卒業するまで使えるかもしれませんね。
他には、お道具箱や雑巾なども必要です。

お道具箱は、学校で一括購入の場合が多いです。
雑巾は、2枚用意する学校がほとんどです。
新一年生は購入しなくてはならないものが多くて大変ですが、買い忘れがないようによく確認してあげてください。