友達との付き合い方で親が気をつけることとは?

友達との付き合い方で親が気をつけることとは?

小学校に入学する際に、子供も親も一番心配なのが、やはり、「お友達と上手に付き合っていけるかどうか」ではないでしょうか。
子供は特に、どんなに明るく振舞っていても内心は不安に思っているはず。
そんな時は、親の方から、「すぐに新しいお友達が出来るから、心配しなくても大丈夫だよ」と励ましてあげてください。
親がそう言ってくれるだけでも、子供は安心出来るものです。
また、始めの頃はよく知らないお友達と喧嘩することがあると思いますが、すぐに担任の先生などに相談せずに、まずは様子を見るようにしてください。
特に、小さい男の子は、手を出して相手の反応を確かめてから友達になれそうかどうかを判断する所があります。
親としては心配でしょうが、しばらく様子を見て、喧嘩が続くようであったり、子供の方から助けを求めたりするようであれば、担任の先生に相談してもいいでしょう。
それに、子供に対して、「今日は誰と遊んだの?」、「新しいお友達出来た?」などと、あまり頻繁に聞くことは避けるようにします。
いくら社交的な子供でも、そう簡単に気の合うお友達が出来るとは限りませんし、ましてや同じ幼稚園や保育園の子が少ない場合には、クラスに馴染むまでに時間が掛かることもあります。
そんな時に親からお友達のことを聞かれたら、子供心にプレッシャーになってしまうかもしれません。
気になる気持ちはわかりますが、子供の方からお友達の話をしてくれるまで気長に待つようにしてください。