小学生のお小遣いの相場は?

小学生のお小遣いの相場は?

小学生になったら、友達同士での買い物なども増えてきますよね。
その時に、お小遣いを貰っていなくてお金が無くては、かわいそうと感じる親はいると思います。
たしかに、自分がそうだったらと考えてみると、少し寂しいと感じるかもしれません。
お小遣いをあげているご家庭は、一体どの位あげているのでしょうか?
学年×100円という金額を、毎月あげている家庭が多いようです。
3年生ならば月に300円、6年生ならば月に600円と言う具合です。
たしかに、その位が妥当かもしれません。
学用品は親が買うのでしょうから、無駄使いが出来ないその位の金額が、ちょうど良いと思います。
あまりにたくさんのお金を貰っていたら、金銭感覚がおかしくなってしまうかもしれません。
子供のお小遣いの使い道は、お菓子やマンガ、男の子ならばカードゲーム、女の子ならば可愛い文具などを買っています。
本当に必要なものを買っているわけではなく、遊びの一貫としてお小遣いを使っているようですね。
無駄使いをしないように、お小遣いを使った時には、必ずお小遣い帳を付けるように言って聞かせます。
また、毎月決まった金額をあげるのではなく、お手伝いをした時にお小遣いをあげるといった家庭もあります。
他には、テストの点数が良ければ100円、悪ければ100円を親に返すなどと言った感じで、お小遣いをあげている家庭もあるようです。
他にも、お小遣いは必要な時にだけ申請すればあげるなど各家庭にあったお小遣いのあげ方で良いと思います。