小学生の夏休み、家族で海外旅行に行く?

小学生の夏休み、家族で海外旅行に行く?

今は、自分の子供に海外旅行の経験をさせたいと思っている親がとても多いようですね。
けれど、いくら海外に連れて行きたいからと言っても、小学校低学年ぐらいまでの旅行は成人したらすっかり忘れてしまい、記憶に残らないケースがほとんどです。
また、小学校低学年ぐらいでは、飛行機の中で他の乗客に迷惑をかけてしまうことも多く、親の方が疲れてしまって楽しいはずの海外旅行が台無しになってしまう事も少なくありません。
とはいえ、中学生くらいになってしまうと、お子様が家族との旅行を恥ずかしがって嫌がる場合もありますよね。
ですので、記憶に残るような海外旅行を経験させたいのであれば、お子様が小学校の中・高学年ぐらいの時期がおすすめです。
飛行機に乗り慣れているのならば、時差が少なくてお子様への負担も軽いオーストラリアやバリなどはいかがでしょう。
米本土の本場ディズニーランドも、お子様はもちろん、大人のあなたも一緒に楽しめますね。
逆に、あまり飛行機に乗り慣れていなくてフライト時間が短い方が良ければ、サイパンやグアムでプール遊びをメインに考えられてもいいでしょう。
それでも、お子様と一緒に南国気分が味わえるはずです。
いちいち大人が叱らなくてもマナーを守った行動ができるようならば、海外旅行の経験をさせる事は社会勉強にもなりますし、とてもいい事だと思います。
海外旅行に行くことで、英語や地理などにも興味が出てくるかもしれません。