小学生の夏休みは田舎に行く?

小学生の夏休みは田舎に行く?

あなたは小学生の頃、田舎の家に泊まった記憶はありませんか?
初めて会ったり、久しぶりに会ったりした従兄弟達。
最初はなんとなくよそよそしくても、そこは血の繋がりで、すぐに仲良くなってしまいます。
おじいちゃんやおばあちゃん、親戚のみんなと囲む食卓も、いつもと違う雰囲気でとても楽しかったですよね。
学校で嫌な事があっても田舎に来ればみんなが優しくしてくれて、元気の充電ができたりしませんでしたか?
お子様も中学生ぐらいになると、親と一緒に旅行するのを嫌がるようになってしまうものです。
お子様によっては、一緒に歩くのすら嫌がってしまう事もあるでしょう。
ですので、できれば親の話を素直に聞いてくれる小学生のうちに、ぜひあなたが子供時代を過ごした場所に連れていってあげてください。
あなたがどんな小学生時代を過ごしたかを知る事は、お子様にとっても貴重な体験となるでしょう。
また、お子様が小学校高学年ぐらいならば、一人で田舎に行かせてみるのもいいですね。
普段は経験できない事にチャレンジするのも、お子様を成長させると思います。
ただ、何かあった時のために携帯電話を持たせたり、連絡が来たらすぐに助けに行けるようにしておいた方がいいでしょう。
もし、あなたの家庭に田舎というものがない場合は、家族で毎年訪れる場所をつくるといいかもしれません。
お子様が大人になった時、家族で毎年訪れていた場所はきっと大切な思い出になっているはずです。