小学校受験の塾

小学校受験の塾

小学校受験、いわゆる「お受験」をしようと考えた場合、東京や大阪、名古屋などの大都市では、ほとんどの家庭が「幼児教室」、つまり「お受験塾」に通わせることとなります。
塾はほとんどの場合が週1回で、時間は1時間半から2時間程度、ペーパー問題と運動などの行動観察対策、巧緻性や粘り強さなどを養う、折り紙や図画工作などを指導しています。
小学生や中学生が通う塾との大きな違いは、親(主に母親)は送り迎えだけではなく、毎回の授業の解説や注意点などの指導があることです。
家に帰ってからの家庭学習のポイントや、次回までの課題点と考えていいと思います。
どんな塾を選べばいいのか、については、やはり大手で、小学校受験の合格者実績のある塾を選んだ方がいいでしょう。
また、志望校と近い塾、と言う選び方もあります。
このような選び方が何故いいのか、と言うことですが、これは情報量の違いです。
多くの受験者が例年多数の小学校を受験しているような、大手の塾ではそれだけ多くの情報を持っています。
どこの小学校ではどんな傾向の問題が出されて、過去にはどのようなタイプの子供を多く合格させているのか、親子面接では毎年どのような質問をされているのか、などの傾向と対策も取られています。
しかしどんなに実績のある塾でも、子供に合わなければ何にもなりません。
大抵の塾は、有料ではありますが体験入学を受け付けていますので、いくつかの塾を試してみることをおすすめします。
また、1ヶ月に1回程度の割合で行われる模擬試験は、塾外生も受験可能な場合が多いので、試しに受けてみて、子供の反応と、試験前後の保護者に対する説明や、講師の印象で判断されてもいいでしょう。
月謝はかなり高額ですので、しっかりと選びましょう。
さてその月謝ですが、平均すると6万円前後、といった所です。
もしも追加でコースを選んだり、志望校別の授業を追加すると、さらに高くなります。
また夏期、冬期、春期などの特別講習は別料金ですし、定期テストが別料金になっている塾もありますので、かなりの出費を覚悟しておいた方がいいでしょう。