付属、私立小学校に合格後いくら掛かる?

付属、私立小学校に合格後いくら掛かる?

子どもの教育課程において、小学校・中学校は義務教育のため、一般的には授業料は免除されています。
しかし、実際には、補助学習費や給食費など、毎月支払うお金はいくらかかかってくるのが現実です。
授業料も公立小学校は免除されていますが、付属小学校や私立小学校では授業料も支払う必要があります。
それに、私立小学校の場合は、歩いていける距離に学校があるわけではないので、電車やバスなどの交通費も必要になるでしょう。
文部科学省に調べによると、私立小学校では年間平均で、授業料や遠足、学校納付金などの学校教育費が78万円、給食費が3万円、学習塾や習い事などの学校外活動費が56万円、全部で約140万円近くかかるとされています。
小学校生活の6年間、これだけの支払いを毎年続けなければいけないのです。
また、私立小学校の場合には入学金が必要となるため、入学年度には他の年よりも費用がかかることも頭に入れておきましょう。
入学年度には、入学金、設備維持費、父母会入会金などを合わせて、大体30万円から70万円ほど必要になります。
学校によっては、任意ではありますが、寄付金を納めるように求められること少なくありません。
もちろん、学校の歴史や校風、設備や立地条件などにより、支払う金額にも差が出てきますから、入学前の説明会の時にしっかりと話を聞いて、準備を進めておくことが大切ですね。
小学校には、特待制度や奨学金制度はあまりありませんが、中には、兄弟割引を設けている学校もあるようです。
私立小学校にかかる費用は、公立小学校にかかる費用の約三倍とも言われています。
私立小学校に通わせるのであれば、十分に資金を準備しておく必要があるでしょう。
付属小学校の場合には、制服代などが公立の小学校と比べると高くつくようですが、学費については私立よりも安く済むはずです。