関西の小学校受験

関西の小学校受験

小学校受験の先進地域は、何と言っても東京、神奈川、千葉を中心とする関東圏ですが、最近、関西の有名私立大学が相次いで附属の小学校を開設するなどで、関西圏の小学校受験もヒートアップしてきています。
これは東海地方にも言えるのですが、関西地区は関東地区と違って、公立が強い地域でした。
全国からトップレベルの児童が集まる、灘中などの極一部の中学校を除けば、中学校も高校も公立校に優秀な進学校が多かったのです。
従って小学校受験に挑戦する人も決して多くはなく、私立小学校の数も少なかったのです。
しかし近年の学級崩壊や、イジメなどの問題がクローズアップされるにつれて、細やかな配慮が期待できるであろう、私立小学校への進学を希望する家庭が増えてきました。
また、政府による教育再生会議の公立学校の学校選択制による学校間の格差や、関西の中心都市である大阪の全国学力試験での成績不振などの問題もあって、将来の受験戦争を憂慮してエスカレーター式に大学まで行ける、私立小学校が注目されているのです。
また関西地方にあって、京都だけは以前から小学校受験が盛んで、京都の私立大学の多くが早くから附属の小学校を持っていたということは、高級志向の高い京都ならではだと言えるでしょう。
小学校受験が過熱するにつれて、幼児塾の増加とともに、関東では、ある意味季節の風物詩としてすっかりおなじみの、「お受験スーツコーナー」が、関西の百貨店でも展開されるようになりました。
東京や神奈川と比較すると、まだバリエーションはそれ程多くはありませんし、デザインも大差はありませんが、個性的な関西で今後、お受験スーツがどのように変遷していくのか楽しみでもあります。