付属、私立小学校入学までに掛かるお金って?

付属、私立小学校入学までに掛かるお金って?

大学付属の小学校や私立の小学校は、学費以外にも入学するまでに多くの費用が必要になります。
受験や受験対策にかかる費用は、乗用車一台分にも及ぶといわれており、およそ100万円から200万円、場合によっては、もっとお金がかかることもあるでしょう。
小学校受験を考える場合には、それなりのお金がかかることは知っておかなければいけませんね。
例えば、幼児教室に通わせた場合、教室によって費用に違いはありますが、一般的には、月謝や家庭用教材、テスト費用、季節講習会などの費用として、一年間で100万円近くのお金が必要になるのです。
また、小学校入学を控えた年長さんクラスになると、小学校受験のための模擬テストや判定テストなどの費用もプラスされます。
学校別に特別クラスを設けている幼児教室や単科講習などが開催されると、さらに高額な費用が必要になることもあるでしょう。
小学校受験を予定している家庭では、幼児教室以外にも、絵画教室や英会話教室、体操教室に通わせたり、家庭教師をつけることもあります。
そうなると、それぞれに月謝などのお金がかかりますよね。
幼児教室だけに通わせるとしても、交通費や書籍代、文具代などは必要になるはずです。
時には、飲食代などもかかるかもしれません。
最近では、少しでも費用を抑えるために、通信教育などを利用して主に自宅で学習して、入試の直前だけ幼児教室に通わせるという家庭も増えてきているそうです。
受験する際には、当然、受験料も必要になりますし、面接用の洋服なども揃えることがほとんどでしょう。
このような出費を全て合計すると、小学校に入学するまでに最低でも車一台分の費用が必要になってしまうわけです。
小学校受験を決める前に、しっかりと資金計画を立てておく必要がありますね。