小学校受験をする時の親の心構えって?

小学校受験をする時の親の心構えって?

小学校受験時期のまだ幼い子どもにとって、親の存在はとても大きなものです。
親が喜べば子どもも喜びますし、叱られると落ち込み、悲しくなります。
小学校受験時期は、焦りと不安から感情にまかせて子どもを叱ってしまうこともあるでしょう。
でも、実際に受験するのは子どもであること、子どももプレッシャーを感じていることを忘れてはいけません。
何事も子どもと一緒に考え、叱るべき時は叱り、褒めるべき時は褒めてあげてください。
受験対策の勉強は、親の態度や工夫次第で、子供にとって、苦痛にも楽しみにもなります。
もちろん、意欲的に楽しんで学習できる子供の方が、志望校に合格できる可能性が高いでしょう。
どうしてもイライラが我慢できない時には、恥ずかしがることなく、夫婦で話し合ったり、塾の先生や友達に相談することが大切です。
また、自分の考えに固執することなく、人からのアドバイスも素直に受け入れることで、自分自身も親として成長していけるのではないでしょうか。
子どもは親のことをよくみているので、前向きな姿勢をみせるのはとてもいいお手本になるはずです。
小学校受験の試験では、子ども本人の姿だけでなく、子どもを通して親の姿もみられます。
親として、子どもに教えるべきことをしっかりと教えることができているかどうかが重視されるのです。
特に、行動観察試験では、子どもが育つ家庭環境の様子がはっきりと現れてきます。
日頃から、子どもが親の真似をしても問題ないように、言葉づかいや行動には気をつけておいた方がいいでしょう。
また、面接では、子ども以上に親の方が緊張してしまうことも少なくありません。
親が緊張してしまうと、子どもにもそれが伝わり、子どもの持つ本来の力を発揮することなく、面接が終わってしまうこともあります。

「小学校受験は親の試験」といわれるほど、親に求められる役割や作業が多くなるため、受験対策は子どもだけのものと考えず、親もしっかりと心構えをしておくことが重要です。
最後に、受験の結果は結果と受け止め、悪い結果であったとしても子どものせいにしたり、態度に出したりしないようにしましょう。