小学校受験をするメリット・デメリットって?

小学校受験をするメリット・デメリットって?

最近、少子化などの影響で親の教育に対する意識が高まり、小学校受験が社会現象となってきています。
小学校受験は、高校や大学の受験とは違って、子どもの意志よりも親の意志や期待などが大きく影響していることが多いものです。
公立小学校は義務教育ですから受験をしなくても通うことが可能ですが、私立や国立の小学校へ通うためには、ほとんどの場合、受験が必要になります。
その代わり、受験に合格して私立や国立の小学校に通うことになれば、その後、エスカレーター式で大学まで通うことができ、受験勉強に時間を使わずに小学校から大学まで一貫した教育を受けることができるというメリットがあります。
つまり、小学校受験で入学することができれば、その後の激しい受験戦争に巻き込まれることがないということです。
将来、子どもが受験勉強に追われることなく、勉強やスポーツなどに集中できることが、小学校受験の最大のメリットでしょう。
また、教育方針や指導要領が公立に比べて自由なので、学校独自の教育を行うことが可能になり、子どもの個性を引き出すことができるといわれています。
それに、教員の移動が少なく、長い目で子どもを見てもらえることも親にとって心強いでしょう。
当然、友達とも長く付き合っていくことになりますので、友達との絆も深まります。
小学校を受験すると、このようにメリットがたくさんありますが、逆にデメリットもあります。
まず、受験対策が大変なことです。
試験内容が学校によって大きく違ってきますので、行きたい学校が決まったら早めの受験対策が必要になります。
入学試験には、ペーパーテストの他にも、行動観察や面接などがあり、子どもが受験までに身に付けなければいけない項目がたくさんあるのです。
小学校受験をすることで、まだ幼い子どもに負担をかけすぎてしまうこともありますし、親にもかなりのストレスが溜まります。
受験に合格した場合には、公立の小学校にはない学費がかかるのに加えて、交通費や塾、習い事などの費用がかかることもあるでしょう。
特に私立の場合、小学校のみならず一貫して大学まで通うとなると、相当な出費を覚悟する必要があります。