小学生のテレビゲームと勉強の関係って?

小学生のテレビゲームと勉強の関係って?

親にとって、テレビゲームというのは、厄介な存在ですね。
ゲームに集中してしまうと、子どもは何時間でも、のめり込んでしまいがちです。
ゲームの何が悪いのか?
それは、何度でも気に入らなければリセットできる事です。
投げだしても誰も怒ったりしませんよね。
ちょっと失敗したら、リセットボタンを押して、好きな状態まで戻す事ができる。
うまくいかない時は電源を切ってしまえばおしまい。
これって教育にすごく悪いですよね。
テレビゲームが当たり前のように普及した昨今、何をやっても続かないような子どもが増えている気がします。
これだけがすべてとはいいませんが、ちょっと気に食わないとやめる癖はいい事とはいえませんよね。
ソフト面で、何か勉強になるものをチョイスするというのも一つの手ですが、まずは、ゲームの取り組み方を考えた方がいいかもしれません。
何時間しかしないとかいうルールはよく耳にしますね。
ですが、そうではなく、気に入らなくてもリセットしない事や、難問に出会っても投げ出さずに最後までやる事などを約束するのです。
これさえきちんと守れたら、ゲームを何時間していても、プラスになる部分の方が大きいのではないでしょうか。
目に悪い点や電磁波の影響を考慮して、多少の時間規制は必要かもしれませんが、ある程度は好きにさせてあげてもいいでしょう。
投げ出さない姿勢が癖になれば、日常生活や学習面でもいい影響が期待できますよ。

小学生のテレビゲームと勉強の関係って?関連ページ

小学生の学習ゲーム
小学生の学習と頭の良くなるゲーム
小学生の学習とDS