小学校から英語を学ばせる?

小学校から英語を学ばせる?

最近では、小学生でも英語を勉強しているというケースが少なくありません。
日本では、英語は中学生からというのが普通なので、小学生が英語なんて早い!という意見もあるでしょう。
しかし、当たり前なのですが、英語を母国語としている国では、小学生でもペラペラです。
つまり、英語の使い方などの内容が小学生には難しいというわけではないのです。
むしろ、日本語の方がややこしい部分が多いでしょう。
ただ、英語に慣れていないから、難しく感じるといったところでしょうか。
逆に、英語を頭で考えてしまう大人よりも、音で捉える事のできる幼い子の方が、語学学習には適しているのです。
言葉を発するようになったら、すぐに英語を教えたって早すぎません。
むしろ効果的です。
大きくなればなるほどに、思い切った発音も躊躇しがちです。
英語は、頭のよさよりも、恥じらいをすてられるかが課題となります。
ですから、小学生の低学年からでも、それ以前でもかまいません。
できるだけ、固定概念が少ない頃に始める方がいいでしょう。
最近では、文部科学省の指定校を始めとした小学校でも、英語を授業に取り入れているくらいですので、やはり、小学生くらいから始める方が効果があるという証明になるのではないでしょうか。
あるデータでは、英語教育は二歳からが望ましいなんていわれています。
耳を英語に慣らしておくだけでもいいそうなので、興味のある方は是非試してみてください。